エジプト紀行 その6 ~ピラミッドとスフィンクス~

投稿者: Atelier Fuzuki Arai 投稿日:

いよいよエジプト紀行のクライマックス

2/25、今回の目玉GIZA(ギザ)ピラミッドとスフィンクスに向かいます

でも実は宿泊しているホテルからピラミッドは見えてました。。
ホテルのゴージャス朝食もいよいよ最後か。。
 
ビュッフェは、必ずドカ食いしてますゆで卵は3個くらいパクっと。
そして、プールまであるんですよ。
早く出発すればいいのに、ひと泳ぎ
夜中に1人で泳ぐくららい私はプールが大好きなので、しょっちゅう入ってます。
いよいよ出発!
クフ王のピラミッドが見えてきました!
なんだか明るい未来を想像しちゃいますね
ラクダもいます
ちなみにイハブさんから、「ぼったくりだから、声をかけられても無視してね」
強く言われました。
ピラミッドの中は中腰で移動です。
今回は2時間貸切コースです!2ジカーン!(強調
ヘッドライト必須です。
途中、上がっているんだか下っているんだか錯覚がおきます。
いよいよ王の間に到達。声と息が反響します。
ここでは棺桶の中に横になって入りました。
そして全ての照明をおとしてもらいました。
目を開いても真の闇状態です。
ぴちゃ
途中水の音が一滴たれる音が聞こえました
どこまでも波紋が広がる感覚です。
ピラミッドは実は菱形とも呼ばれています。
8角形の噂がありますが、それは地上に見える部分の話でなく、
地下を入れると8面のダイス状になっているそうです。
宇宙のパワー、水や火など原子や分子、全ての要素がつまっている気がしました。
そこに人間の意思が加わり生命ができるのでしょう。
王妃の部屋にもいきましたが、この部屋はダミーですね。
外に出て、スフィンクスに向かいます。
教授の背中が渋い。
発見された当初は、頭だけ地上に出ていたそうです。
巨大なボディ部分は後から掘り起こしました。
スフィンクスのまわりには柵があり、通常触れませんが
最後の貸切カードを使いましたはー南無南無。
それぞれの場所に意味があります
前左足は悠久の大きさを感じる所、
前右足は将来の自分について考える所、
後右足はカルマの解放、
左足は五感が敏感になる所、
尻尾はスフィンクスそのままのエネルギーを感じる所です。
そしてフロントの両前足の間の位置は自信
王の資格があるか試される所らしかったですよ。
教授とは、ここでお別れでした。
いろいろ解説ありがとうございます。前もってホテルで描いておいた絵をプレゼントしました。
こちらはイハブさんに。
なんというか、リア充もここまでくると他の人に優しくなれそうです。
絶対ウソだろと思いながらベンツのバスでホテルへ。
次はフィナーレ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください