ブームを突き詰める『「ない仕事」の作り方』

投稿者: 投稿日:

たまに人を紹介してもらえる時があるのだが、「あいつはいいやつだから」と紹介されるより、「すっげー変わったヤツがいるけど、会ってみる?」という誘い方のほうに魅力を感じてしまう。私の場合は後者のような人ほど興味深く、また彼等は独自のプリンシパルを持ち合わせている場合が多い。
本書の著者はみうらじゅん氏。デビューして今年で35年「ゆるキャラ」や「マイブーム」などの名付け親としても知られる。ラブドール・毒ヘビ・いやげ物・らくがお帳・・・著者が発する対象は、次に何が出てくるのかわからない魅力がある。テレビや雑誌ではサングラスに長髪姿を見かけるが、彼の本業は何なのか不思議に思っている人も多いのではないだろうか?
本書はこれまで世の中に無かった仕事を、さも「ある」ものとし仕事とするまでの過程を公開している。企画も営業も接待も全部自分でやるので、本人はこの方法を「一人電通」と称している(クライアントによっては「一人博報堂」)。
さらに本書はビジネス書なのだが、著者のキャラクターのせいか、本を読むという抵抗感が全くなく気楽に読める。小難しいことは一切登場せず、ただただ面白く読めるのだが、アイデアの閃き方やネーミングのコツなど、仏像や海女などブームを生み出してきた例をあげながら紹介するため非常に説得力のある場面が多い。
著者がブームを仕掛ける際、まず第一印象の悪いもの、違和感があるものをターゲットに選ぶ。たとえば以前はよく見られた玩具のゴムヘビ。「こんなの贈られたら嫌だなあ」と思うものに注目している。普通は違和感があるのだが、その違和感があればあるほど、地方の土産屋を巡りゴムヘビだけを買い続け、無理やり自分の使命くらいまで買い続けてくると、次第に愛着がわいてくるそうだ。著者はこの方法で自分を洗脳していく。
“無意味なものでも、人は大量にあるものに弱いんですよね。一つひとつには興味を持たなくても、大量にあると、スゴイと錯覚しますから(笑)”
たしかに「いやげ物」というジャンルを確立した時のように、最初いやなものでも、ネーミングだけで価値がでてくる場合もある。いいも悪いも、自分のものの見方次第だ。案外、最悪の事態にチャンスは転がっているのかもしれない。
そして著者のモットーでは趣味は突き詰めないといけない。俳優の田口トモロヲ氏と「ブロンソンズ」というコンビを1994年から組んでいるが、ブロンソンとは60~80年代アクションスターとして一世風靡したチャールズ・ブロンソンだ。いまの尺度から考えれば、ブロンソンはイケてるルックスではない。皺だらけの顔にヒゲ(著者はぶちゃむくれフェイスと命名)。出演する映画はB級アクション。通常、俳優であればメジャーに移行したり演技派に転向するのに、ブロンソンは70歳を過ぎても、アクション映画に出ていた。しかも内容はほとんど「愛する人を殺されたため、復讐の鬼と化して悪を懲らしめる」という展開のものばかり。(ヒロインは妻ばかりを抜擢)いつまでも同じ仕事を続けている彼に2人は「男気」を感じ惹かれていった。そこで当時のスタジオ・ボイスに連載を売り込み、「仕事をえらんでいるようじゃ、まだまだだぜ」といった力強いメッセージをブロンソンになりきって答えるという、これまでに「ない」人生相談コーナーを掲載していた。私もこのコーナーを読んでいたが、なぜかブロンソンに勇気づけられた気がする。

絵:新井文月

 

その後、人生相談をまとめた単行本『ブロンソンならこう言うね』や、CMソングと映画をテーマに勝手に日本語をつけて歌ったCD『マンダム~男の世界/大脱走'95』を発売、さらにはブロンソンが亡くなったときは「ブロン葬」というお別れイベントまで開催。著者曰く、これが「突き詰める」ということらしい。アルバムCDはその後、タランティーノ監督も購入したそうだ。
著者のように、これだと決めたら自分で営業をかけ、 ブームをおこすためというよりも多くの人に魅力を知って欲しいためクライアントと飲み、相手がへべれけになった2軒目で仕事を取るくらいのスタイルもありかもしれない。

ちなみに本書の装丁だが、大ブームであった『ビックリマン』のヘッドが出た背景のようなホログラム仕様となっておりキラキラと輝いている。まるでマイブームに対して著者が背中を押しているように思えてくるから不思議だ。本書は含蓄ある内容なので、突き抜けたい人はもちろん、単純に気になる人も軽く読んでみることを強くおススメする。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください