世界に誇るジャパン・デザイン「KATAGAMI Style」

カタガミ展にいってきたよ。

http://katagami.exhn.jp/

日本の文様は、一つ一つはとても単純な形でしかないけど、精密に繰り返されることで洗練された趣を生むようです。全く新しい世界をつくり出してました。

2012年の夏まで開催されてますが、どうも込んでるのは嫌なので平日が狙い目です。
会場はボリューム満点で全部まじめに鑑賞すると1時間はかかる。

個人的に「伊勢エビ」がどうしても見たかったので、係の方に聞いてみると
「たぶん、ない、と思い、ます」
という曖昧模糊な返答。
「たぶん?本当にエビ無いの?webにはありましたよ」と、ベビーカーゆすりながらどうしてもエビが見たい自分。
「少々お待ち下さい」と再度確認してくれました。展示は入れ替わりなので無い作品もあるそうです。気をつけよう。※2012年、森美術館にて開催された歌川国芳展と同様
型紙はアール・ヌーボーにも多大な影響を与えてますので、関連作品としてミュシャも展示されてます。生を見れたのは嬉しい。金を多く使用。やはり金箔好きだ!
Japanese patterns are made up of design elements which are very simple on their own.
But when these elements are repeatedly arranged in a meticulous manner,they look highly sophisticated and gain a whole new dimension.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。