正月のおじちゃん


おじちゃん、とは父の叔父:光男おじちゃんのことで、
群馬の藤岡に住む、元大工の棟梁だ。



あまり親戚に挨拶に行かないのだが、このおじちゃんの家にだけは定期的に遊びにいっていた。
行くだけで喜ばれるし、
何より性格が豪快で好きだった。
おじちゃんは器用なので、鯉を飼いたければ、自分で庭に池をつくり、
咲き方が美しい紅葉を見たら、若い集に届けさせ玄関の横に植える、といった具合で行動力と風流があった。しかも小学生でも1万円のお年玉をくれるほど羽振りが良かった。



ただ、数年前から急に身体の具合が悪くなっていき、かなり心配だった。ここ数年は、親戚まわりにも訃報ばかりが届くので、
「もしかして、もう長くないかも」
と感じた私は、一昨年の正月に親戚一同が集まった際、スケッチしておいた。
「生きているうちにこの人を描きたい」と思ったのだ。



しかし持続力がない私は、「後で仕上げよう」と思って2年もたってしまった。

ようやく大掃除がてら、スケッチを見直し、正月に着色し額装して完成した。
そして絵を仕上げて渡すためにおじちゃんの家にむかった。



しかし、、おじちゃんの家では予想外のことがおきていた。
「いやいや、まーずえれえことになった」
威勢のいい声が聞こえる。おじちゃんが木の葉まみれで登場した。
どうやら、飼っている柴犬が逃げたらしい。そのまま犬を探して出かけたら、近所の人が発見して、犬は自分から犬小屋に戻ったらしい。
話を聞くと毎日動きたくてしょうがなく、毎朝4時に目覚めて畑を作っているらしい。

なんだ、超元気じゃん!
絵を見せると、
ハエ~、てえしたもんだ、ふぅちゃん!なあ!

ほ~、コリャたまげたぎゃ、

んま~、まんず、ようふぅちゃんの父親に似とるんな、ヨォ。


と、おじちゃんは、結局パワフルだった。今年で米寿になるそうだ。
絵は生きているうちに渡せてなにより。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。