着物を裏打ちで定着させた絵画 信長シリーズその5

nobunaga
ごく時間かかった風なタイトルですが、、
完成までほっといただけです。
前回の裏打ちにチャレンジしてみるから、筆が進みませんでした。
というのも、それまで時間をかけすぎていたのです。
つまり、チミチミ、大事に、細部にこだわり製作していたのですが、

そうなると画面が「静」の比率が多くなってしまい、
即興&ダイナミック要素が抜けてくるのです。
元々体育会系(ダンス)なので、精神を集中し仕上げをダーーーー!
っと動の要素を入れて完成させたかったのです。
が、、、失敗したらどうしよう、
もったいないやん。と思いながら1年放置してました。
しかし、最近考え方が変わり、過去は過去として、
なにをこだわっているんだ自分とっととやれ
と吹っ切れ、真夜中にベットから起きだしてバババババと筆で描きなぐりました。
作品に完成があるのかどうかさておき、今回これで完成とします。
ちなみに制作した素材ですが、他界した祖父の着物でした。
これで着物もリサイクルできるし、天からも祖父は見守ってくれるでしょう。

ありがとうございました!!
バックナンバー↓
第一回金箔にチャレンジしてみる
第二回金箔にチャレンジしてみる
第三回着物にチャレンジしてみる
第四回裏打ちにチャレンジしてみる
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。