抽象画を描いてみました。
こういった絵を描くと説明を聞かれる事があるのですが、
あんまし言葉で説明できちゃうと、じゃあなんで絵なんだという所に戻り矛盾するのです。

見たままで一発ドーンと伝わればよいのですが、
実際はそうでもないし、本人も伝えるつもりが無かったりします。

つまり描きたいから描いているんです。
好きでペタペタしてるんです。

途中、ウチの親父がこの絵を見て一言。
「。。。なんじゃこりゃ!?」と。

でも、あんまり説明しすぎるとつまらないよね。
俳句もそうだよね。歌をピシっと読んだ後に再び説明するのって、

粋じゃないよね。

カテゴリー: アート作品

2件のコメント

れいたま · 2011-01-31 00:36

かれこれ10年前、外苑前のとある画廊に世界初の癒しの絵というのが売っていて、その時、本当にその絵を見ているだけで癒されて、ちょうど会社が合併し無理やり退職金が支払われる事になったので、50万位の絵を買おうか本当にまよった。。
しかし結局、私の推定退職金額と違い、なんと20万位しかもらえなかったので買えずじまい。
あの画家の方は名前なんだっけー?

文月 · 2011-01-31 13:07

癒しの絵。なるほどそんな絵があるのか。
探してみよう。
でも日本人でお金を50万使おうと思う人は、本当に少ない。だかられいたまはとっても貴重な人だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。