太陽系アート

自分の作品に「スタイル」らしき哲学が生まれたので、それを言語化することで

今後の作品につながると思い、体験を文章にすることにした。

 

私は物心つく前、2歳ころから絵を描いてきた。家族や一族に美術関連の人もいないし、家庭が裕福だったわけでもない。群馬の、いわゆる田舎で生まれた。地元の名産といえば、キュウリとしいたけ。それ以外は何もないところだった。ちなみにしいたけが毎日食卓にでるから、当時は嫌いになった。

 

とにかく暇だった印象がある。遊べるオモチャもなかったので、広告の裏に鉛筆で絵を描いていた。画用紙も買わなくてよいし、折込チラシはタダだからだ。

 

私は身長も低くて、内気な子供だった。そして小学生に入るころ、事故で足を怪我し右足の骨を紛失してしまった。それ以降、足全体を石膏で覆い松葉杖をつきながら生活していた。

 

こうなると、いよいよ家にいても、やることは絵を描くくらいで、一人遊びがエスカレートした。同級生が自転車で、山や川に遊びにいく中、毎日アタマの中で妄想して絵を描いていた。

 

楽しいかどうかといったら疑問だが、続いたということは楽しかったのかもしれない。けど、それしか出来なかったというのが近い感覚だった。勉強も運動もできるわけでもない子供は、元気ハツラツで話しかけてくる他の子供達と話すのが難しかった。うまく会話できないので、そのうち誰かと絡むのも面倒になっていった。そこでチラシの裏に逃げ場を作った。逃げ場といえば、よく神社にもひとりで散歩していた。静かで学校の子供もいない場所だったから避難していたのだ。

 

カテゴリー: エッセイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。