『アド・アストラ』 共和政ローマを恐怖の底につき落とす

“一頭の羊に率いられた獅子の群れは怖くない
私が恐れるのは一頭の獅子に率いられた羊の群れだ”

この言葉はアレクサンドロス大王のものと伝えられている。
漫画『アド・アストラ』の舞台は、紀元前3世紀。ローマ侵略を企むカルタゴ軍と、共和制ローマが対峙する第二次ポエニ戦争にフォーカスしている。カルタゴの名将ハンニバルは戦略の天才であり“ローマ史上最大の敵”として語り継がれている。その彼を迎え撃ったのはローマの指揮官スピキオだ。ハンニバルは象に乗り、アルプス山脈を越えてローマに攻め入った将でも名高い。
歴史漫画といえば日本の戦国時代を舞台とした『センゴク』などは膨大な資料による徹底再検証によるリアリティある新たなストーリーを展開している。(騎馬隊突撃は合理的戦術ではない。馬は追撃や逃走などの移動手段。この時代は弓が一番の死因など)
この徹底検証によるメリットは、私達を現実から戦場へと引き込む臨場感が増大することだ。しかし、『アド・アストラ』はこれに留まらない。
ハンニバルは数と建設技術で勝るローマ兵を相手に、自然の地形と人間の心理を利用した包囲戦術で、たびたびローマ軍を壊滅に陥れる。
獅子に率いられた魔術・神秘的な戦闘力を持つハンニバル軍と、その戦術を科学的に解明していくサイエンティストとしてのスキピオは対比的に描かれる。物語 が進むにつれ、負け戦からスキピオは戦術を吸収し、やがて自分でも応用するようになり、ハンニバルにとって最大の敵かつ最高の理解者でもあるというライバ ル関係にまで発展する。登場するキャラは敵味方問わず知将・猛将・ローマと険悪ながらも従うガリア人。味方でもチームワークを乱す人材などだ。現代社会と同じである。
 


※アド・アストラ 4 ─スキピオとハンニバル─ より

全体を通じて、絵が緻密で綺麗なので漫画をあまり読まない人でも手軽に読める。また巻が進むつれ画力も上昇しており、6巻あたりになるとスキピオが こちらを睨むアルフォンス・ミュシャ風に装飾された挿絵などもあり、これ一枚でも見応え充分だ。線が細いタッチなので、女性でもストレスなく楽しめる。
本作品は失敗を重ねながらも、あらゆる可能性を見出して成長していくエンターテイメントとして昇華されている。7巻では、スキピオがハンニバルから包囲戦術をくみ取り、ついにハンニバルの常套手段でもってカルタゴ軍を初めて撃退する。

事実は小説よりも奇なりとは、まさに第二次ポエニ戦争である。壮大で圧倒的なストーリーは、作者の想像力だけで描ける範囲をはるかに超えている。この史実をドラマチックに描ききる著者カガノミハチは、初の連載作品というから驚きだ。

アド・アストラとはラテン語のper aspera ad astra(困難を克服して栄光を獲得する)という、ローマの哲学者・セネカの言葉から採られている。第1巻の帯にも荒木飛呂彦絶賛!とあったが、真偽はともかく注目の漫画であることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。