本のキュレーター勉強会 第5回

ティク・ナット・ハン
春秋社

百木 一朗
ビレッジプレス

毎回、面白い発見がある本のキュレーター勉強会がさらにパワーアップする事になりました。
本のキュレーター勉強会から「東京HONZ(仮)」として活動を開始いたします。

詳しくは完全なレポートになっているえりかさんのブログをチェックしましょう。いつもありがとうございます。あと山本さん、ツイッターでの本の紹介を参考にさせてもらってます。

本屋はほぼ毎日チェックしてますが、皆のオススメ本は本当に旬なラインナップを網羅していると感じます。私が推薦したファミコンの可能性についての一冊ですが、ゲーマーの方が全然いないにも関わらず、熱く語ってしまいました。いいんです、好きだから。

それでは今回も勝手にベスト3冊:
◎ご先祖様はどちら様
家系図をつくる事にハマッていた私にぴったりの本。先祖ルーツ好き(くくりが変)にはたまらない一冊。次回の課題本に決定。
◎禅への鍵
これは土屋さんが個人的にすすめてくれた本。以前『弓と禅』を紹介した事で完全に禅の人となっています。2011年、ティク・ナット・ハン来日に伴うオススメの一冊。
◎直す現場
村上さんご推薦。イラストがい~い味だしてます。成毛さんと私はこういった線画モノに弱いです。こんなイラストを交えた本を創りたいな。

◎『図説狙撃手大全』→大全って。。狙撃手の正体バレたらあかんがな!と思わずツッコミをいれてしまう。でも『忍びの者100人』みたいで好き。
◎『やせれば美人』→最近ダンスしないとすぐ太るので、こちらも購入。

そして、新たなネーミング「東京HONZ」のロゴを考えています。illustratorCS5を購入しました。これで絵ごころも生かせる。楽しくなってきました!HONZは大きな活動になりそうですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。