東京HONZ(本のキュレーター勉強会) 第6回

本のキュレーター勉強会は見事、東京HONZへとクラスチェンジしました。
(HONZの中でもゲームとマンガをカバーしているのは私だけでしょうか??)

今回、ゲストが2人いらっしゃいました。
まずは濱崎誉史朗さん『いんちきおもちゃ大図鑑』『超高層ビビル』など著書を出しながらも数多くの企画を打つ編集者です。アウトローな匂いにとても好感が持てます。

ふたり目はライターの大畠利恵さんでした。文章のまとめ方が素晴らしく尊敬できます。

今日のHONZの勉強会の内容は、東えりかさんのブログでまとめられております。
あの2時間で膨大な量が紹介されたのに、全部載ってますね。。

そして東さんのブログを読むうちに、今まで自分がHONZの勉強会で紹介した本を、こちらのブログにアップしていない事に気づきました(汗)
以前に紹介した本も、これから徐々にアップしていこう。うん。

さて、今日の紹介本はイラスト図解シリーズ3作。
◎『新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術』
→現代のサバイバル術がわかります。モヤイ結びなど人命救助の結び方を覚えよう。値段も¥1,000以下と安い。
◎『絵でみる江戸の町とくらし図鑑』
→現在は江戸文化が流行だが、これは細部までいい感じのイラストなのでイメージし易い。つくりが今っぽい。
◎『図解 現代の陸戦 (F-Files No.030)』
→今回、一番の癒やし本。アフガニスタンやイラクなど現代の戦略/戦術がわかりやすく理解できる。またアメリカの装甲車はロケットランチャーに悩み続けていたなど、武器装備についてもイラストがあるので頭を休めながら楽しめる。

HONZは7月のサイトオープンにむけて、色々な企画を練っています。
みんなフットワーク軽いのがいいですね!!

私もロゴアイデアを考えてます。


次はパターンつめつつ、名刺デザインに移行。
楽しい会ですね。本トに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。