7月読む本

原田 裕規,斎藤 環,千葉 雅也,大山 エンリコイサム,上田 和彦,星野 太,中ザワ ヒデキ,北澤 憲昭,暮沢 剛巳,土屋 誠一,河原 啓子,加島 卓,櫻井 拓,石岡 良治,大野 左紀子
フィルムアート社

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

もうこれはマストなので必ず読む。
イルカやハワイの海を描き、一世風靡した米画家、クリスチャン・ラッセン。
しかし、ラッセンは美術界から嫌われていた。日本で受容され、消費されてきたラッセンの正体について、美術家・批評家が語る。
皇室ゆかりの逸品
てっとり早く一流を知りたかったので購入。紹介中HONZメンバーに「わりと普通」って言われて苛立つ。その後の詳細はこちら
金継ぎをたのしむ
普通の人は楽しめないだろ!と購入しながらも代表成毛眞が「俺上手いよ」とか言ってるのに驚き。趣味の広さはイチローの守備範囲ばり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。