現代アーティスト新井文月 長野県小布施町・北斎館にて葛飾北斎の作品と展示

投稿者: Atelier Arai Fuzuki 投稿日:

Hokusai-kan museum exhibition in Obuse.
For example “angry wave”

葛飾北斎が晩年過ごした、北斎ゆかりの地である長野県小布施町にて開催されたイベントにて7名の現代アーティストの1人として参加した。新井文月は北斎の肉筆画・画稿・書簡など50点が所蔵される北斎館にて、「銀河波図」を展示。

『銀河波図』
2021
和紙、アクリル
142 × 142cm(8号×12枚)

展示名:美食と芸術の町小布施
会場:北斎館

住所:〒381-0201 長野県上高井郡小布施町小布施485

会期:2021 年 2 月 23 日(火) ~ 2 月 28 日(日)

以下現地より新井コメント

「自分の作品が北斎館に展示されたのは何よりの体験。コロナ禍でも北斎館の来館数が数倍に伸びたという報告もあり、嬉しい限りです」

北斎が現代に生きていたら、興味の対象は確実に銀河や宇宙をモチーフとしていたはず。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、8号パネルを3cmづつ連結させた「銀河波図」は、ソーシャルディスタンスをも表現していた。

カテゴリー: Exhibition 展覧会

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください