MANGA-HONZ 4コマ漫画 麻木久仁子

こんにちはメルセデス新井です。
先週末から子供達がインフルエンザA型に感染してしまいました。ということで平日は家でずっと朝食・昼食・夕食つくりながら薬を与えての看病です。やるべきことを箇条書きにするだけで序文が終わりそうなくらい忙しい日々でした。というか、メルマガ自体を休めば良かったのか!いま気づきました。


そして食事といえば、HONZレビュアー麻木久仁子の新刊ゆらいだら、薬膳』が発売されました。すみません私は芸能人が出す本を侮っておりました。期待を裏切る一冊です。
中身はパラパラと眺めることのできるレシピ本なのですが、使用する素材がなぜ薬膳で必要なのか理論が纏められています。たとえばお茶なら「麦茶は体を冷やすので冬場は良くない」とありますが、真冬でも麦茶をガブガブ飲んでた新井家に衝撃が走りました。体を温めるにはプーアル茶が良いそうで、早速購入し「やっぱプーアル茶は身体を温めるからね~」などと呟いて飲んでいます。

新刊『ゆらいだら、薬膳』は、使用する素材がどう効果あるのかの理論が纏められているレシピ本です。使えます!

巻末には、2010年~体調を崩したのち乳がん治療を経て、精神的にも苦労した時代を乗り越えての今の心境が描かれております。普段HONZの朝会や夜会では、これっぽっちもそんな素振りを見せませんでした。私は勝手に感銘を受け、食事と健康であることの大切さを実感したのでした。

4コマでは微塵も感じませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。