おすすめ本 書評『天空の地図』

人は想像する。

想像の多くは個々の観念で構成され、観念は妄想から生まれる。

マンモスの牙でできた象牙板が、ドイツのギーセンクロースターレの崩壊した洞窟群から発見された。片方の面には、人間ないし人間の一部が刻まれている。これは3万2000年前のオリオン座の星の位置と一致することから、オリオン座を表していると考えられる。この解釈が正しければ、この象牙板の存在自体が、我々の遠い祖先たちがすでに星の並びに何かの図を思い描いた証拠だといえる。

ギーセンクロースターレの象牙板のオリオン座(左)[紀元前3万3000~紀元前3万年]

ネブラの天文盤(右)

 

本書は、遥か頭上に広がる未知の世界に神意をみた時代から、無人探査機の観測による宇宙像の獲得までの人類の歴史を、美しい絵画と画像で辿ることができるビジュアル書籍である。

 

ジョバンニ・ディ・パオロによる地球中心の宇宙像

 

掲載写真はすべてフルカラー。タイトルは以下ラインナップでどれも興味深い。見開きで完結しているので、どこからでも気軽に天文の進化を楽しめる。

Chapter1 世界の中心 プトレマイオスからコペルニクスへ
Chapter2 月の地図 地球唯一の自然衛星
Chapter3 星から惑星へ 天空の裏庭
Chapter4 太陽系の主 最も身近な恒星
Chapter5 明滅する星々 小さな点から遠い太陽へ
Chapter6 無限の彼方へ 宇宙の果てを目指して

 

西欧では、古代ギリシアから16世紀まで宇宙の中心は地球であり、すべてが地球の周りを回っていると考えられてきた。これは古代ギリシアの哲学者アリストテレスが唱え、それを天文学者クラウディオス・プトレマイオスが広めた。プトレマイオスの説はニコラウス・コペルニクスの地動説に覆される1600年代(教会の反発も障害となり、コペルニクスの論考は彼が1543年に死んだ後に広まった)にいたるまで、地球中心の宇宙像は2000年近く支配していたことになる。

 

今では望遠鏡の発展とともに、現在では人間の目では見ることのない世界を「見る」ことができる。世界中の厳選された資料200点ほどを眺めていると、世界の大きさに対しあまりにも普段は小さな世界で活動しているのかと実感してしまう。

ウィリアム・カニンガム、天球を支えるアトラス(左)

ニコラウス・コペルニクス、太陽系(右)

 

中央にいるアトラスが地球と天球を支えている図は、ウィリアム・カニンガムが表したものだ。この天球はアーミラリ天球儀と呼ばれ、黄経・黄緯・黄道・天の赤道などを表すリングが地球を立体的に取り囲んでいる。だがアトラスは、自らが支えているはずの地面に立っている。その頭上にも月や星が輝いているので、矛盾しているが同時に親近感も沸いてくる。

 

シャルル・メシエ、彗星の軌道(左)

エティエンヌ・トルーベロ、太陽のフレア(右)

 

フレアは太陽の表面から吹き上がり、電磁スペクトルのほぼ全ての領域にわたるエネルギーを放出する。英国人天文学者リチャード・キャリントンが、1859年にフレアを初めて観測した。 使用されたのは、広帯域フィルタを通して光学望遠鏡の像を投影する手法だった。それにより太陽フレアが地球の7倍の大きさになることもあることが判明した。

 

それにしても、本書は眺めているだけでプラネタリウムにいるかのように時間を忘れてしまう。これらは、はるか遠い昔から残された記録であり、人々が惑星の動きをたどり、星々を描こうとした地図の創造した証だ。人類が頭上の世界をどう描いてきたのかが知れる一冊。

 

画像提供:日経ナショナルジオグラフィック社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。