エジプト紀行 その5 ~オシリスとガンダム~

あ、まだスフィンクスとピラミッドの前に2日間分があったので、記述します。
2/23、この日は朝からルクソールからバスで120km位のスピードで砂漠を3時間ぶっとばし、
ABYDOS(アビドス神殿)
に到着しました。ここはエジプトに数多くある神殿の中でも聖地とされてます。
日本でいう伊勢神宮みたいな存在でしょうか。

ここアビドス神殿というのは冥界の王オシリス神復活の地です。

レリーフではオリシス神の顔は緑色に描かれており、弟セトに殺され、
妹と妻であるイシスによって復活したとされています。

wikipediaには載っていませんが、確か47のパーツに解体されたそうです。
ただならぬ雰囲気の中、入ってみると。。
墓までの橋に有刺鉄線があり、
肝心の入りたい場所は侵入禁止でした。ショーーーーック!!

しょうがないので、お土産に
アビドス×フレッドペリーのコラボTシャツをゲットして帰りました。


DENDERA TEMPLE(ハトホル神殿)

かの有名な宇宙船と戦闘機のレリーフがある場所です。
↓右柱の上部分の拡大図
その他の場所では、
たしか3匹の悪魔(ヘビと猿の形)がいて、この日に除去されたように覚えてますが、
詳しくは忘れました。。
まだ水が潤っていた時代、水源があったとされる場所にナツメヤシが3本立っていました。
ヤシに触れてみると
「私は古代からずっとここにいるよ」そして
「水を管理しているよ」とも言っていた気がします。
帰りにスタンドを見つけますが、エジプトのガソリンスタンドはとても混んでいて、
入れるのに皆6時間は並びます。
2/24 THE VALLEY OF THE KINGS(王家の谷)
中にあるアヌビス神のレリーフです。やっぱりかっこいい。
アヌビスはジャッカルの顔で、よくラー天秤を用いて死者の罪を量る役目を担ったレリーフを見ることができます。
THE VALLEY OF THE QUEENS(王妃の谷)
AL-DEIR AL-BAHARI TEMPLE(ハトシェプスト女王葬祭殿)
女性ファラオ、ハトシェプト女王の神殿でした。父親であるトトメス1世は息子が欲しかったのですが、生まれた子は女の子でした。そのため、期待を裏切らないよう男まさりの人生を歩むことになりますが、過剰な周囲の期待は複雑な心境だったと思います
メムノン巨大像 ~ガンダム大地に立つ~
急いでいたので、いまだにこの巨大像が何かもわかっていませんが,
大事なpointでした。四元素のうち大地のエネルギーをつかむやり方を実践しました。
【地のエネルギーのつかまえ方】
1.ガンダムのように大きくなったつもりで。
2.手が巨大なイメージで大地をがっちりつかむ。
3.頭から全身に地のエネルギーをおろす。
注意すべき点は、その土地にに地のパワーがないと上手くいきません。
太極拳のやり方と似ていますね。
上に持ち上げた時、ハラがでてしまい皆につっこまれたので、
「必ずやせてやる!」という思いを旨に、
この日は飛行機でカイロへ戻りました。
つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。