ハワイ紀行 その2 シャーク軍曹


先日ハワイ島で2週間過ごし、すっかり癒されてました。一番印象に残ったのはダイビングです。
私は群馬で生まれ育ったため、海とか船を見ると興奮してしまいます。特にスキューバダイビングは今まで経験したことがなく、色鮮やかな魚達やイルカとか色とりどりのサンゴ礁に夢見ていました。マンタなんかも見れるのかなあ、なんて乙女ちっくに想像してたわけです。

→こんなのをイメージ
そのあたためていた夢を、ハワイ島で有名なワイコロアビーチで叶うことなりました!
いえーい!!初ダイビング!
予約した次の日。
表れたのは、
インストラクター
この方。

怖いよ!
身長185cm位。
全身タトゥー。
サングラスを外すとつり上がった眉とタレた眼。
一瞬で背筋伸びました。
こちろんマフィアとかゴロツキではなく、スキューバダイビングのインストラクターです。
本人アップ。帽子に注目。

私のしょうもない妄想で、初ダイビングのインストラクターは日本人の可愛らしい女性で会話も「アハハハ」なんつって、そんな淡い期待を込めてましたが、彼と出会った瞬間、そのイメージはブラックホールにのみ込まれました。威圧感でいうと完全に二等兵と軍曹ほどの開きがあったと思います。
彼は私を見るなり、言いました。
「SIT DOWN」
え?シットダウンって?ハイ、テーブルに座りました。お腹がすいてるせいか、彼は朝飯をモグモグ食べてます。
そしてあくまで自分のペースで、目をそらさず、海の危険性を説明しはじめます。彼は肉を食べていました。
ダイビング体験者は私しかおらず、マンツーマンでダイブの説明がすべて英語。水着のおネエちゃんの煩悩は光の速さで捨て、話に集中しました。stay focus, stay focus..
質問としては、
オマエは泳げるのか?
ダイビングの経験はあるのか?
文字は読めるのか?

などです。他にも以前病気していたか?と健康に関する普通の質問なのですが、どうも彼の眼を見ると、「山口組」というキーワードが頭をよぎります。
最初にプールで教育があり、フィンを履き泳ぎました。もとい泳がされました。私は言われるがままフルパワーで泳ぎました。少しでもヘマするとため息のつぎに鋭い眼光がつき刺さります。マンツーマンのレクチャーは軍隊さながら。何でこんなに緊張するんだ!?
ボンベを装備し、チューブが外れた場合の対処などの説明を経てレクチャーが一通り終了しました。
あとは自由に泳いでいていいぞ。
彼は言ってくれましたが、私は夏なのに少し寒気がして疲労感でいっぱいのため「NO」とホテルの部屋に戻りました。午前中だけなのに、どっと疲れがでてます。ただ、この人なら明日の本番でもし溺れても救ってくれそうだなと感じながら眠りにつきました。

翌日、早朝ボートでダイビングスポットに出かけます。朝早いほうが海は綺麗なのだそうです。

ボート出発。参加者は皆経験豊かな外国人ダイバー達。左の人は別のインストラクター。どうでもいいけど怖いよ!どこに連れていくんだ。コアな話を皆がしている中、ちっこいアジア人である私は「どうすれば安全に帰還できるか」のみ考えておりましたstay focus, stay focus..ぶつぶつ。
ボンベを装備しフィンを履くと、軍曹は危険だから海の生き物に絶対触るな。と仰いました。そして私を後ろから
ドーン!!
とつき落とし、ボートから海にドボンと入水!!え?後ろから海に入るんじゃなんだ軍曹!?初ダイブ達成。

↑ここから落とされた。
私はダイビング特有の少し潜るたびに耳の圧を抜くのが上手くいかず、耳が痛くなり同時に強烈な閉鎖感を感じて海が怖くなりました。軍曹にダメです上にあがりますとサインで伝えます。
再び鼻をつまみ、耳の圧を抜くのを何度もトライしましたが、やはり耳が痛くもうダメかも、帰ろうかなダイビング楽しくないと決めた瞬間、いきなり手を使わずに鼻だけで圧が抜けるコツをつかみました。
その後、無事に潜ることに成功。おお確かに綺麗な景色!!
泳ぎですが、軍曹は腕を組んだままフィンだけで進みます。なぜか余り動かさないのに自在に進んでいくように見えます。肺で微妙な高低の調整しているのかな?
と、岩場をじっとみつめていた彼が、突然ゴソゴソしだしました。
大きな岩をもちあげると、暴れるタコを手づかみで捉えております!!

↑つかまえたタコ  絵:新井文月
 
おおお!ワイルドっす!しかし、タコは暴れて墨を吐いてます。あきらかに怒っているようです。軍曹は怒ったタコを私に押し付けてきました。なんで!?すると足がどんどん私の腕と身体に絡みついてきます。
ぎゃーー!やめてよ軍曹!!わっ吸盤くっついた!!
予備知識のない私は、驚いて酸素をボゴォっと吐き出してしまいました。落ち着くんだオレ、stay focus!! stay focus!! stay focus!!
さらに軍曹は岩場の狭いトンネルを潜ってこい、など指示を出してきました。パシリ?いやトレーニングのようです。狭い岩場のため、はじめての私はサンゴに足をぶつけ膝から軽く出血しました。
とその時、魚の大群が私達をよぎります。軍曹はその奥にある小さな洞窟にそうっと進み、こっちに来てみろ、とサインしてきました。
おそるおそる岩場をのぞくと。。
サメ4匹。
ちょま!聞いてないよー!!軍曹やめてよマジで!
ボゴボゴ!!(空気抜ける音)


どうやらホワイトシャークという種類で大人しいらしいのですが、こっち予備知識ないんだから、全然知らないから大パニックですよー。ホント心臓に悪い。
そのあと彼は、海底散策で楕円の形したサンゴをみつけてフリスビーのようにこちらに投げてきたり。意外とおちゃめな面をみせていました。
ということで最後まで波乱に満ちたダイビングでした。軍曹がいうには、私がコツを掴んでから上達が早かったのでレベルを上げたらしい。
ありがとう。軍曹。けど、
ダイビング
もうやんないと思う。

↑疲れて笑顔になれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。