【ニューヨーク展の作品紹介】


ニューヨークの展示タイトルは「フラワープロジェクト」といいます。
フラワープロジェクトとは、芸術の力で人や土地の価値観を変える団体です。
今回のニューヨーク展の代表的な作品のメインには、石巻の仮設住宅8棟の壁をキャンバスに見立てた龍があります。
東日本大震災により被災者の多くは家を失いましたが、彼等の多くはまだ仮設住宅に住んでいます。
2012年、ボランティア支援100名の方達と一緒に宮城県石巻市糠塚前団地の仮設住宅の壁を彩りました。
長さは全体で70mになり、花札の中を泳ぐ龍のデザインとしました。

この写真パネルを横の壁12mいっぱいに展示します。
※トップ写真、多摩美時代の友人が撮影してくれました。子どもをあまり露出しないようにしてますが、
今回は力を貸してくれました。息子からの支援。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。