【作品紹介】FULL-CIRCLE

これは息子と一緒に絵を描いている写真です。
美術大学時代の友人が撮影してくれました。

ウチの子は電車が本当に好きなので、電車の絵を描いてあげると
「しゅっしゅーー」と、はしゃいで喜びます。
 

今回のニューヨーク展における代表的な作品には、
子どもを抱いた絵があります。
 

『Full-Circle』
 

これはサイズが100号(162×130cm)でとても大きいものですが、
金箔を貼り、さらに実際の着物を「裏打ち」と呼ばれる技術で貼り付けています。
 

この着物は他界した祖父のものでした。

この中には3人の男が登場します。

一人の着物を着ている男は、私を表しています。

それに抱かれるのは、息子を表しています。
後ろの死神は、祖父を表しています。
 

人は必ず死を迎え、新たな命を生みます。
厳しい人生の中でも、花も草木も、たくましく生きようとしています。

着物の男は希望があるため、笑みを浮かべています。

この絵は今回の展示のメインになる予定です。


残りわずか!ニューヨーク展のご支援お願いいたします!

https://readyfor.jp/projects/ARAIFUZUKI

 

展示期間:6月4日(水)~27日(金)

場所:在ニューヨーク日本国総領事館 広報センターギャラリー18階

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。