森美術館 村上隆 展示会


森美術館で開催中の村上隆さんの展示会に行ってきた。
著書によく出てくる画面の「圧力」を感じた。

そのため、ヒキでもヨリでも写メでも美しく映る。

よく見るとデコトラ/改造車などに使用されるラメが細かく貼り付けてある。

ご本人は絵自体に意味は無いと主張する。
意味が無いものに意味を見出すのが人の習性だと。

ラストの作品は小さいが、単に愚痴の作品があった。

アート界でのルールを踏まえて作品を創り続けるジレンマなど。愚痴である。

ただ、この作品だけ心の奥底のピュアな叫びを聞いたような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。