日刊工業新聞さまのメディア/ニュースイッチに、記事を書かせていただきました。

作家としての立場から、ファクトをふまえ日本のアート界の未来を伝えています。日本マイクロソフト元社長である成毛眞さん主催の書評サイトHONZを通じて、10年近くサイエンス思考にも触れたおかげです😙

色々とお世話になった方々、日刊の栗下さん、ありがとうございましたm(_ _)mこれからも日本のアート界を盛り上げ、世界の心に貢献していきます🔥

日本のアート界は明るいか?気鋭の芸術家が語る未来
https://newswitch.jp/p/26771

[本文より]

昨今のアートブームには目をみはるものがある。書店に足を運べばビジネスとアートの関連本がズラリと並び、人気の展覧会では人数制限がされ予約でいっぱいだ。

アートマーケットの世界でいうとNO.1はアメリカだが、いま米国企業は人材を採用する際にMBAホルダーよりもMFA(美術学修士)に需要がある。ビッグデータとロジックによる戦略だけでは、サービスに限界がきたのだろう。さらにコロナ禍で世界全体が先行き不透明だ。だからアップルやスターバックスのように、デザインとアート感が漂う魅力的なストーリーを生み、光明を見いだしたいのかもしれない。

では実際、アート業界はどうなっているのか?私は現代アーティストとして活動を続けている。おかげさまでギャラリストや、美術館学芸員、コレクターなど様々な人達と知り合い、現場の声も聞いた。その経験から、日本のアートシーンの未来を正直に語りたい。

関連記事:


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください