NOBUNAGA 信長 APU立命館アジア太平洋大学

投稿者: Atelier Fuzuki Arai 投稿日:

信長 立命館アジア太平洋大学(APU)所蔵

Nobunaga 信長
2012
80.3 x 53 cm
Kimono, Japanese paper, Acrylic, gold leaf 着物、箔、和紙

Nobunaga was a Samurai lord who is greatly well-known and respected in Japan. He introduced the abolition of customs check. And he achieved one after another revolutionary successes, such as not taxing the merchants. He also always dance in front of the war, and sang the lyrics.

Dream-like reality
Where to the lower part of heaven when compared
Nobody never death once created

人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしのごとくなり。

一度生を得て、滅せぬ者のあるべきか。

織田信長が戦の前に好んで謳った「敦盛」からの一節。下天というのは仏教用語で、「天からすると人間の五十年はたった一日」にあたる。背景には三途の川が流れている。死を意識するからこそできること。人生は一瞬。その流れで何ができるかを思案している。着ている衣装は実際の着物を貼り付け、彼の革新性を表現した。現在、APU立命館アジア太平洋大学に所蔵。

※現在≪信長≫は、出口治明様の学長を務めるAPU立命館アジア太平洋大学の学長室に所蔵


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください