信長 立命館アジア太平洋大学(APU)所蔵

NOBUNAGA
2012
KIMONO and gold leaf on canvas
80 × 53cm

人間五十年化天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり

一度生を受け滅せぬ者の有るべきか

 

Fifty-year mortality
Dream-like reality
Whereto the lower part of heaven when compared
Nobody never die once created

 

織田信長が好んだ敦盛。
下天というのは仏教用語で、その中では五十年はたった一日にあたるとか。

命の連鎖の中、私達は一瞬の人生で何ができるか。
素材には他界した祖母の着物を貼り付けており、信長の革新性を表しています。

 

現在≪信長≫は、出口治明様の学長を務めるAPU立命館アジア太平洋大学の学長室に所蔵されております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。