(c)Fuzuki Arai

 

I will make book cover art in April 2020.
Vishnu Krishna
《ヴィシュヌ=クリシュナ》
売れっ子神話学者である沖田瑞穂さんの新刊、『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』(みずき書林)の装画が完成いたしました。

表表紙の神は、最初は特定しておらず本編全体の世界観から無心で描きました。沖田さんはこれを見て、「ヴィシュヌ=クリシュナ」のイメージを持たれたようです。私もそれを聞いて、すっと腑に落ちるので命名しました。慈しんでいるようにも、酷薄にすべてを見通しているようにも見えますが、おそらく神という存在は、人を愛する一方、どこか冷酷に見守るのだと思います。そのため、口元が微笑みとも厳しさとも見えるよう様々な感情が同居する表情としました。

本書が多くの方に、手に届いて頂ければ幸いです。

 
 

カテゴリー: Bio エッセイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。