※English and 中文 follows Japanese.

 

会場:WHITESTONE Ginza New Gallery ホワイトストーンギャラリー新館
〒103 – 0007 東京都中央区銀座6-4-16

会期:2019年9月6日(金)~ 2019年9月29日(日)

入場料無料
開館時間:11:00 – 19:00(月曜定休)

※初日9/6 レセプション&ライブペインティングあり

whitestone_ginza

 

作家プロフィール

新井文月は多摩美術大学美術学部情報デザイン学科を卒業。企業のWebデザイナーとして活躍後、2014年ニューヨークにて初個展を開催。躍動感のある筆使いには、ダンスに傾倒したこともある経験が投影されています。また、宇宙や銀河といったテーマが、黒の中に光を投入せしめます。2015年にはイスラムと日本の親和性についての作品を発表し、Arab Week 2015 Art Exhibitionに出展。主催国のオマーン/パレスチナ大使より日本アラブ友好感謝賞を授与されました。書評家としても活躍するなど、古今東西の文化に絶えずエッジの効いた眼差しを向け続けています。

活動歴
2019 個展”すべてはわたし展”Hama House(東京)
2018 グループ展”MONROE ART Exhibition”中目黒ラウンジ(東京)
2016 個展”新井文月展”珈琲達磨堂(東京)
2015 グループ展”Arab Week 2015 Art Exhibition”オマーン・スルタン大使館(東京)
2014 個展”Flower Project”在ニューヨーク日本国総領事館(ニューヨーク)
2012 “フラワープロジェクト”石巻市須江糠塚前団地仮設住宅(宮城)

 

ホワイトストーン所属作家、現代アーティスト小松美羽さんもいらしてくださいました。

 

展示作品一覧

銀河の希望 新井文月
銀河の希望
Galaxy Hope
29 x 24 inches (60.6 x 72.7 cm)
パネル、カンバス、アクリル

 

現代アーティスト 新井文月
龍脈の上を歩く旅人
A traveler who is walking on the lay line.
31 x 44.5 cm
写真、和紙、アクリル、ペン、墨
sold out

 

光の富士

光の富士
Shine on Mount FUJI
39 x 79 inches (98 x 194 cm)
パネル、板、デジタルプリント、和紙、アクリル、ペン、墨

 

闇というエゴを救おうとする守護霊とエゴに悩む人間
闇というエゴを救おうとする守護霊とエゴに悩む人間
A guardian spirit that is trying to save egoism comes from the darkness and a human who worrying about egoism
45 x 31.5 cm
写真、和紙、墨、ペン、ファンデーション

 

現代アーティスト 新井文月
心は卵 どんなものにもなれる可能性を秘めている、無限の希望
The heart is “egg”. It is like infinite hope which has possibilities to be anything.
32.5 x 45.5
写真、和紙、ペン、墨、金箔

 

新井文月 現代アーティスト
ハートからほとばしる七色の閃光
Seven color flashes of light which surge out of heart
97 x 162 cm
アクリル、ペン、墨、和紙、パネル、写真
ライブペインティング作品

 

神とつながる
神とつながる
Linked to god
33.2 x 24.2 cm
アクリル、ペン、墨、キャンバス
sold out

無限の可能性
Infinite possibilities
38.0 x 45.5 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨

喜びのエネルギー
Energy of happiness
45.5 x 38.0 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨
sold out

 

新井文月 現代アーティスト
あがきもがき苦しんだ先にある救い主は本来の自分
The savior beyond struggle is yourself
38.0 x 45.5 cm
パネル、カンバス、写真、和紙、アクリル、ペン

 

現代アーティスト 新井文月
自信がみなぎる
Full of confidence
45.5 x 38.0 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨

 

現代アーティスト 新井文月
木と虫と植物とつながっている
Linked to trees, insects and plants
24.2 x 33.2 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨

 

Contemporary artist Fuzuki arai
体感
A physical feeling
45.5 x 38.0 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨

 

contemporary artist fuzuki arai
平穏と平和な畑
The peaceful field
45.5 x 38.0 cm
パネル、カンバス、アクリル、ペン、墨
Contemporary artist Fuzuki arai
鳥居←五芒星←卍←人の成長にかかせない導き
Torii←Pentagram←SwastikaThe necessary guidance for human growth.
47.5 x 34.7 cm
写真、和紙、アクリル、ペン、墨

 

現代アーティスト 新井文月
祈りのポーズ 私は神の愛を背中から受けている
A pose of prayer. I am receiving God’s love from the back.
32.5 x 45.5 cm
写真、和紙、アクリル、ペン、墨

 

作品に関するお問い合わせ:
ホワイトストーンギャラリー: 03-3574-6161

 

Whitestone Ginza New Gallery is pleased to announce the exhibition by two promising artists, Housui Yamaguchi and Fuzuki Arai. Calligrapher Housui Yamaguchi was born in Saga prefecture, began calligraphy from an early age under the guidance of his father, Ryuhou Yamaguchi, and opened his eyes to the diversity of expression when he was 18. His artworks are free from any fixed idea or common sense through the experience of having been actively collaborating with various artists beyond the boundary and presenting installation works, which lead him to suggest a new frontier of calligraphy. Fuzuki Arai graduated from Tama Art University, Department of Information Design. After working in an enterprise as a web designer, Fuzuki held his first solo exhibition in New York in 2014. His dynamic brushstrokes was cultivated by his experience of devoting himself as a dancer. In addition, his subjects based on universe and galaxies will provide the dazzling light into the world of jet-black darkness efficiently. In 2015, the work pursued the affinity between Islam and Japan was exhibited at “the Arab Week 2015 Art Exhibition’’ and received the Japan-Arab Friendship Award from the host country, Ambassador of Oman / Palestine. The artist has been also active as a book reviewer casting his keen eyes into the cultures of all ages and countries. We cordially invite you to come visit this precious opportunity.

Whitestone Ginza New Gallery
contact@whitestone-gallery.com
Tel: +81 (0)3 3574 6161

銀座新館
2019.09.06 – 09.29
開幕酒會: 9月6日 (5:00 – 7:00 PM)
藝術家將出席開幕茶會
新井文月 將進行現場演出

白石畫廊很榮幸地宣布將在銀座新館舉辦藝術家山口方水和新井文月兩位藝術家的雙個展。

書法家山口方水出生於佐賀縣,在父親的指導下自幼便精修書法,並在十八歲時對書法的多樣性有了進一步的體悟。他的作品不局限於既有的觀念或常識,不但積極的突破書法的邊界,更和不同型態的藝術家合作出創新的裝置作品,為書法藝術開創了新的疆域。

新井文月畢業於多摩美術大學信息設計系,畢業後他曾在企業裡作為一個網頁設計師,而後於2014年在紐約舉辦了他的第一次個展。他的動態筆觸培養自他投身舞蹈中所得到的經驗和靈感。此外,他的作品以宇宙和銀河為主體,為黑暗的世界帶來了耀眼的光芒。2015年,他在「阿拉伯週2015藝術展」上的作品展現出了伊斯蘭與日本之間的情誼,並獲得了東道國阿曼/巴勒斯坦大使的日阿友誼獎。作為一名書評人,這位藝術家也熱衷於投入所有國家和時空背景的文化。

我們誠摯地邀請您前來參觀這次的精彩展出。

カテゴリー: 展覧会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。